2005年12月アーカイブ

| コメント(0) | トラックバック(0)

simo.jpg
ナバナを初めて6年に成りますが、12月でこんなに寒い事は、初めてです。正月明けの寒波はよくありますが、12月にこれだけの寒さは今までにない経験でした。10月は例年並の秋雨がありましたが、9月、11月の降水量が少く気温が高く生育も順調でした。

が、12月5日位から寒さが厳しくなり、最低気温が-3℃が2日も続いた事もありました。年があけて2~3日雨でも降ってくれればと、思いますが、どうなりますか。

それにしても霜にこれだけやられてもナバナはゆっくりと成長し続けています。育つのに時間が掛かっている分味も濃厚です。

千両

| コメント(0) | トラックバック(0)

senreyoo.jpg
ご近所の方からの頂物です。お正月の花ですね。館山周辺ではセンリョウを栽培している農家も有ります。商品とするには塩害や霜、さらに日焼けに弱いのでしょう。寒令沙をかけて大事に育てられているようです。

私が栽培している食用ナバナは料理屋さんの一品に花が付いた青物として使われ事が多くいわばつま物として利用される事が多いのですが、センリョウも生け花の脇役としての使われ方が多いのだと思います。それでもこれだけ数がまとまれば、とても綺麗です。

センリョウとマンリョウとの違いは呼び方が違うというだけの事だとおもっていましたが、実はセンリョウはセンリョウ科で赤い実が上向きに付きますが、マンリョウはヤブコウジ科で美が垂れ下がるように付くので全く違う物という事です。

kusunoki1.jpg
和田町(平成18年3月20日合併により南房総市)の元上三原小学校が廃校後に体験交流施設くすの木として生まれ変わった施設です。宿泊、キャンプ、農業体験、調理・加工体験、ハイキングなとの体験コースも予定されているようです。一泊二食で5250円というリーズナブルな料金も魅力です。
kusunoki2.jpg
私は毎年イチゴ狩りに来る友人達を連れて餅つき体験をさせて頂いてます。正月明けの日曜日にいつも予定しますが、お正月にお餅を食べ飽きた人でも自分でついて、つきたての餅は最高です。

寒波

| コメント(0) | トラックバック(0)

haretu.jpg
今日で二日続けて最低気温が-3℃を記録した館山ですが、朝、畑の井戸ポンプが動いているので「昨日撒水のために汲んだ時に止め忘れたかな?」と思ってバルブを止めようとした瞬間、バルブの亀裂から水が噴いてるんです。目を疑いました。まさか、館山でパイプが凍結して破裂するなんて、今年はほんとに凄い寒さです。

kalakala1.jpg
爺ちゃんの空豆畑です。定植が遅れたので、まだ根の張り方が十分でないうちに、寒波とカラカラ天気となり苗がぐったりしてきました。私の方はマルチをして有りさらに早いうちに定植したのでなんとか元気ですが、こちらはいよいよ危なく成ってきました。

このカラカラ天気の冬場でも撒水はまず、する事は有りません、水を捲くという事はよほどの乾燥です。水を与えた事によってかえって根が痛んでしまうからですが、今年の寒波と乾燥は異常です。このままでもどうしょうもないので思い切って撒水してみました。

cake.jpg
クリスマス近くになり近所でとても良い卵を生産している方から卵を分けてもらいました。「クリスマスだからお菓子でも作ってよ」と普段300円はする卵をいただきました。そこで家内のお手伝をしてスポンジケーキを焼きました。オーブンレンジのレシピ通りなのでうまく出来て当然なのですが。

お手本はここに定めました。(これはお友達のちゃりおやじさんのブログです。)

25日クリスマスに家内がスーパーにイチゴを買いにゆくと、650円もしたそうです。そこでイチゴ屋の平野さんに電話すると「今取り置きは無いけど1バックなら取ってやるからすぐ来い!」と言うことでケーキの上にはもぎたてのイチゴがのる事ができました。

これぐらいの画像の大きさならお手本にも負けない?

nabanayasaiset.jpg
普段私共で作る野菜は農協と自宅、無人販売所、及び市内にある直売所で販売してますが、宅配便による産直販売もしております。

昨夜仲間内の忘年会があり白子町の居酒屋さんで同席されたお客さまよりナバナのご注文をいただきました。「ナバナを3軒分欲しい」と承ったのですが、ナパナ3袋で5~6百円なので、宅配料750円では申し訳ないので、その他大根や春菊などを詰め合わせて、2千円のセットでお送りしました。

通販用としては、5月の空豆(4㎏)トウモロコシセット(その他5品)2千円~2千5百円を毎年販売しておりますが、季節に応じてご希望に添えますように、考えてます。ご相談ください。

今日お送りしたナバナセットは、ナバナ、大根、春菊、干し椎茸、サツマイモを詰め合わせたものです。田舎の親戚から送られてくる野菜のような感じでお送り出来ればと考えております。

友輝くんを救う会のHPによると今朝、移植手術に成功したようです。以下HPより引用

移植手術が成功しました。

アメリカ アーカンソー小児病院に付き添っている、母親から、12月21日(水)深夜 23:00頃[日本時間] 「適合するドナーが見つかった。」との連絡があり、22日早朝、06:00[日本時間]

12月22日(木)午前02:35[日本時間] 手術開始
12月22日(木)午前05:20[日本時間] 無事に終了との、報告がありました。

手術後、ICUで友輝と面会し、呼吸器を着けているので声は出ませんが、「痛い?」の問いかけに、首を横に振ったり、のどが渇いたと意思表示もできるそうです。

術後の経過等、まだまだ予断はできませんが、大きな山を越えることができました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝申し上げます。

ドナーの方に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。
                             2005年12月22日(木)

housenotake2.jpg
竹の生命力には凄いものがあります。先日自宅の囲い木の竹を伐採しましたが、ハウスの中にも新芽が出てきてしまいました。ハウスの中は暖かいからでしょうか?ナバナ畑の真ん中に出てきた新芽もこまりますが、ハウスの中まで入ってきてしまいました。

冬至

| コメント(0) | トラックバック(0)

touji.jpg
日照時間の一番短い日が冬至ですが、日の入りの時間が早いのは12月の始めという事ですが、冬至は更に日の出の時間が15分遅いので、冬至が、一番日照が遅いのです。という事を「季節の旅人」倉嶋 厚著 という本を読んで知っていたので、今日の夕方は少し暗くなるのが、伸びたように感じました。

冬至という事で、近所の方からカボチャと白菜をいただきました。カボチャは煮付けにして、白菜は冬至というより霜が降りるこの時期になると格段に美味しくなるからでしょう。

白菜の中華スープ煮です。昨日テレビでやっていたので試してみました。大胆に真ん中から輪切りにして芯を付けたまま土鍋で中華スープで煮込んだものです。顆粒のスープだけでは寂しいので、昨夜餃子の具が余っていた物を団子にしていれました。

白菜の名人(近所のおじいさん)から頂いた美味しい白菜だったので、とろけるような美味しい鍋料理ができました。

icigonae1.jpg
平野さんからイチゴの苗をわけてもらえました。農家同士では自分で作った苗を畑に定植後余った苗を譲りあう事はよくあります。今夏のインゲンは200本もインゲン屋さんから貰ったものでした。平野さんは自家製の苗と冷涼な夏の北海道から取り寄せるリレー苗と2種類使い分けるようです。頂いたのは自家製のとよのかです。

hoshishitake1.jpg
冬型の気候になって2週間が立ちました。寒さに銜えて乾燥した季節になりました。全然降水がありません。畑のナバナには冬型の乾燥した状態がいいのですが、今月に入って、まともな雨はまったくありません。こんな年も珍しく、今日はナバナ畑の通路に合羽を着込みホースで撒水しました。

椎茸ですが、過湿気味の暖かい状態を好むのでここまで寒くなってしまうと成長が止まってしまいます。それに加えて乾燥してきたので、ホダ木の状態で干し椎茸になってきました。

hilanonouenn3.jpg
三芳村(平成18年3月20日合併により南房総市)府中にあるいちご狩り・平野観光農園のいちごハウスです。高設栽培に取り組んでいます。高設とはハウス内に栽培棚を設けて栽培用の培土にいちご苗を定植し管理~収穫できるようにしてあります。長年の連作などにより傷害や気候変化などに影響をうけず、管理コントロール技術の幅を増やせる栽培法です。

クリスマス前という事もあり今がいちご屋さんとしての腕の見せ所でしょうか、今年の寒波には流石の平野さんも渋い顔をされていました。

焼き芋

| コメント(0) | トラックバック(0)

yakiimo1.jpg
昨日から自宅まわりの竹や団栗の木を整理してますが、伐採した木で、焼き芋をしてみました。今朝の館山は雪が舞う寒い朝でしたが、昼前には雲も晴れて暖かい日中になりました。

リース

| コメント(0) | トラックバック(0)

leaf.jpg
クリスマス前という事でこんな事してみました。
伐採した団栗の木に絡まっていた蔓です。普段山林などで、草刈りなどしていると草刈り機の歯に絡まって困りものですが、適当な長さを切り落とせたので、丸めてみました。切り取ったばかりなので、柔らかいので、簡単にできました。多分自然薯の蔓みたいです。しばらく乾燥させて飾り付けしてみます。

takenobatusai3.jpg
竹の伐採さらに団栗の木も有る程度切る事にした。垣根代わりとはいえお隣の軒下に団栗の枝が重なっているので、やるときに切ってしまわないと、また次回になってしまうので、枝落とし程度ですが、結構さっぱりとした。
takenobatusai4.jpg
やっと物干しの洗濯物、布団に陽が当たるようになりました。枝落とししたのはいいけど、後かたづけが大変昨日も今日もじつはそれが、大半でした。明日は自宅西側にある堆肥を作っている場所とその向こうの竹藪をやる予定。

takenobatusai1.jpg
隣のお宅との境に団栗の木と竹が生えてます。特に境にフェンスをしようとか話しにならないので、ちよっと大きい垣根になっています。田舎ではよくある話しですが、囲い木なんて言う人もあります。昨年の夏に多少団栗の木と竹はある高さを決めて伐採したのですが、竹の成長は素早く、もう伐採する前と変わらなくなりました。
takenobatusai2.jpg
物干しに布団を干している所ですが、正午前でこの通りに日陰になってしまいました。冬場ですから太陽の光はとても大事ですね。地面ぎりぎりに切り落としても団栗の木や株の間に蔓延っていてなかなか引っ張り出せません。二人がかりで、やっと片づけました。終わったとたんに、太陽が雲の陰に隠れてしまい、がっかりでした。

落ち葉

| コメント(0) | トラックバック(0)

otiba1.jpg
落ち葉拾いといえは、風流ですが、以前から腐葉土を作りたくて、落ち葉が大量に集められる場所を探していました。山林をもっている農家であれば、問題無いことなのですが、都心の公園なんかでも処分に困っている事でしょう。

山道にあるトンネル入り口の吹き溜まりに成っている所とかU字抗などか集まりやすい感じです。軽トラを路駐しなければならないので、車の通りが少ない場所というのも大事です。

bouhunet.jpg
一昨日の大風から一転今日の館山は小春日和の暖かい日になりました。しかし昨夜は小雨混じりの初雪を観測したそうです。朝6時に1℃まで下がったそうですが、館山の測候所は街の中心部にあり海にも近い場所なので、1℃だったという事は、館山でも内陸で、丸山町、三芳村寄りの我が家では0℃には成っていたかもしれません。

空豆を植えた畑は田畑が広がった見通しの良い広い場所で、冬場の西風がとても強い所です。空豆は実をつける頃には50㎝~100㎝以上に育ちます。そのため倒伏を防ぐために、また空豆の実が葉や茎などと擦れあって傷を防ぐ意味もあり防風ネットを張ります。

ネットは50mX1mで、4㎜の目に成っています。もっと細かい2㎜などもあるのですが、細かいとかえって、風速が上がってしまいそうです。これぐらいが適当な感じがしてます。マイカー線というビニールハウスを固定するビニール線で縛ってあります。
毎年、寒くて手が悴んで、辛い作業になるのですが、今年は暖かい日におわりました。

冬型

| コメント(0) | トラックバック(0)

tateyamabay051205.jpg
やっと冬型の気圧配置になりました。館山の冬は西風がかなり強く吹き付けます。北風もふきますが、やはり大陸からの寒気は日本の山々特に山梨、富士山を越えた風が、房総半島に吹きます。

普段はとても静かな内湾の館山湾(鏡ガ浦)の今日の様子です。今日は大荒れの海です。冬場日本海の大荒れは有名ですが、日本海側の大雪の時は館山には強烈な西風が吹き付けます。

tateyamabay2.jpg
今日の館山は弱い北風でしたが、薄曇りの暖かい日でした。日中の最高気温は17℃まで上がり、12月というのが、嘘のようです。作業していても汗ばむ位でした。

冬型の気圧配置または大陸高気圧の影響を受けなければ、海水の温度が高いこの時期は、館山周辺はまだまだ暖かいようです。気温と海水温の関係はやはり切り離せないようです。

気象庁の海面水温のデータをみると銚子以南は20℃もあります。只、日本海側の水温は青森県まで15℃も有るのは、暖冬の感じがしますね。

tonneru1.jpg
蕪の間引きを終えて、ベタ掛けのパオパオを掛けておわりにするつもりでしたが、今後30日までにさらに気温、地温が下がるので、工夫をしてみました。パオパオを掛けているので、これ以上の温度維持はむりですが、ベタに掛けずに葉っぱの負担をへらして、光合成をしやすくしてやるために、トンネルをしてみました。

園芸用のトンネルパイプを渡しただけです。柔軟性のあるパイプなので、差込の部分を広げたり、狭めたりいろいろ対応できそうです。

このアーカイブについて

このページには、2005年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。