2006年8月アーカイブ

iidasan1.jpg
ナバナ用の畑作りは毎年飯田牧場さんのセーフテイー有機を必ず畑に入れます。1反ちょっとの畑に百袋を入れています。今日鴨川から飯田さんの息子さんが届けに来てくれました。この畑は夏にトウモロコシを栽培しているので、収穫が終わってからナバナの準備をするのですが、ここ数年種まきの時期を早くしているので、一度耕耘して、堆肥を入れる日に搬入していただかないと間に合わないので、今年は搬入日を無理を言って届けて頂きました。
iidasan2.jpg
「優しくて力持ち」といいますけど正にぴったりの方でしかも明るくて気さくな息子さんです。毎年春と秋に配達に来てくれますが、お会いするのが楽しみです。いつもありがとうございます。

お問い合わせ  飯田牧場  千葉県鴨川市西町 918
           TEL 0470-92-4187(ヨイハナ) FAX 0470-92-4155

tuyukusa1.jpg
新しい畑の準備にともない草刈りもやっていますが、この時期このツユクサの碧色がとても目に入ります。花や虫など撮影するときマクロモードを選んで撮りますが、レンズを出来るだけ近づけて、ズームをワイド側に引いたほうがうまく撮れるようです。今までは、近づいて、ズームをめいっぱいアップにして撮っていたのですが、どうやら反対のようです。うまく鮮やかな碧が出たように思いますが、

ある野草のサイトでツユクサの事を調べてみると「ツユクサはデジカメで撮るとピントが合いやすく、とてもうまく碧と黄色が捕らえられて、自分の腕が上がったよな錯覚に成ります。」とありました。素材の良さからくる画像でした。

nanafusi1.jpg
うちの周りにはカブトムシが好みそうな雑林がすこしあって夏になるとカブトムシ目当ての家族連れが夜な夜なやってくるようですが、この変な虫は探そうにもなかなか見つからないでしょう。ナナフシ目というそうですが、たまたま勝手口のドアに張り付いていたので、気が付きましたが、木の枝か、ゴミが風で飛んできたのかと思ったほどです。

調べてみると卵、幼虫、サナギ、成虫の順序で多くの昆虫は成長するのが知られていますけど、こいつは、卵からそして幼虫となり脱皮して成虫で、幼虫ですでに成虫の姿をしているそうです。それにしても細長いくてやく20cmぐらいは逢ったでしょうか。こんな昆虫も日本で18種類、いるそうです。

akinojunbi1.jpg
秋冬作用の種が届きました。ナバナの2種類と今年から始める玉葱苗用の種です。玉葱苗用というのは、種苗店を通してホームセンターからの依頼で、秋植え用の玉葱苗を作付けして欲しいということなのですが、元農業普及員さんが、「ちょくちょく観にくるから一緒にやろうよ」と言うことで引き受けたのですが、その方曰わく「お宅の畑は砂地だから玉葱苗を作るには適しているから」だそうでです。

以前から玉葱は沢山作ってみたかったのですが、苗を作る時期がナバナの播種にぶつかってしまうので、毎年植え遅れてしまい、種苗店に残っていた物をちょっとだけ植えておしまいでした。しかし今年はそんな事は言えなくなりました。ガンバって売れる玉葱苗を作ってみようと思います。9月5日播きが予定日です。

walajitomato1.jpg
お盆も過ぎて陽の落ちるのが、短くなってきたと感じる様になりました。日中入るととても作業出来ないほどの温度になるハウスも早い時間から入って作業できるようになったと思っても、6時半には暗くなってしまいます。ここ数日の館山は17日木曜日には82%の湿度を記録したからでしょうか今日の湿度は70%でも過ごしやすい日中でした。

walajitomato2.jpg

teocook5.jpg
トマトを無人販売所で販売するようになってから2ヶ月近くになります。普通のトマト農家よりも赤くなってから採るようにしていますから、大分赤いトマト、完熟している物が並んでいます。このトマトの赤にはリコピンという成分から成り立っています。

「リコピン」は「カロテノイド」(動植物に含まれる、赤や黄色、オレンジ色の色素)のひとつで、「カロテノイド」には「リコピン」のほか「β-カロテン」などがあります。

「β-カロテン」はにんじんやパセリ、ほうれん草などに多く含まれ、体内でビタミンAに変化するため、早くから栄養学的に注目されていました。

しかし近年、「カロテノイド」自体が強い抗酸化作用を持つことが知られるようになり、急激に注目度がアップしました。そして、「カロテノイド」の中でも、とりわけ「リコピン」は抗酸化作用が強く、その作用は「β-カロテン」の2倍以上、ビタミンEの100倍以上にもなることが分かったのです。(カゴメトマト大学より引用)


ウチのトマトは真っ赤になるまで、木にぶら下がっているので、このリコピンは多いはずです。夏場の疲労回復には緑黄色野菜成分が大事という事なので、、特にリコピンの多く含むトマトは是非食べてくださいね。

uenohalanosola1.jpg
台風7号は日本列島ぞいに北上して房総半島の沖合をかすめながら通り過ぎてゆきました。今回の台風は防風圏はなく殆どの地域で雨台風となりました。館山地区でも平久里川が危険水域になったと言うことで避難警報が出ていましたが、特に大きな被害もなくすぎました。

毎冬にナバナと空豆を作っている畑から旧三芳村、平群方面を観た夏の青空です。送電線からやや左にちょっと突き出ている山が、伊予ヶ岳です。房州の名峰です。今日から秋冬の畑の準備を始めました。一日草刈り機で草刈りしていました。後3週間で9月です。まだまだと思っていた夏もどんどん過ぎて行ってしまいそうです。

teocook4.jpg
調理用トマトのテオクック(タキイ種苗)です。調理用、煮炊き用、加工用のトマトは日本でも見かけるようになってきましたね。一般的な桃太郎トマトでもパスタやソースを作っても完熟していれば、美味しくなりますが、加熱してしまうと、煮くずれというか形が無くなってしまいますが、このトマトは皮が堅くて果肉がしっかりとしていて、加熱してもトマトらしい味を損ないません。水っぽくならないと言ったらいいでしょうか。
teocook2.jpg
今年は桃太郎に場所をとられてしまいも10本しか栽培していませんが、来年はもう少し増やしたいと思ってます。イタリアントマトで有名なサンマルツァーノを作るのが夢ですが。

このアーカイブについて

このページには、2006年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。