2006年9月アーカイブ

maigonokobe1.jpg
5月末に我が家に迷い込んできた迷子犬はその後4ヶ月間ウチにずーと面倒を見ています、使われなくなった犬小屋をもらってきたり、皮膚病が悪化したので獣医さんに診てもらったり、全く犬の事をしらない我が家なりに面倒をみてきました。元の里親さんを探しているのは変わらないのですが、このまま我が家にずっと飼っていても良いかなとも思っていたのですが、昨日朝の散歩から帰ってから姿がありません。

繋ぎ紐が短いので2本繋ぎ合わせて繋いでいたのですが、1本目の繋ぎからほどけてしまったらしく2本目を残して出ていったようです。繋ぎ紐を引きずりながらどこかさまよっています。昨日から近所をさがしていますが、まだ見つかっていません。元々迷子犬なので、本人が行きたい、帰りたい所があるのならそれも良いとおもうのですが、紐を引きずりながら、さまよっている姿が気の毒でなりません。どこかの藪で木の枝や何かにひっかかって身動きが取れなくなっているかもと思うとやはり早く探して上げなくてはなりません。見かけた方はご連絡頂ければ、幸いです。今朝、新橋の近くで見かけたという情報はあったので、そう遠くは行っていないとおもいます。

higanbana3.jpg
お彼岸も過ぎて涼しい日々が増えてきました。9月に入り夏日も殆どなく最低気温も20℃を下回る事もたびたび、昨日の館山は16℃まで下がり肌寒い朝晩になりました。陽の角度もだんだん浅くなり夏場には重宝した麦わら帽子をかぶっていても、顔に陽があたるようになりました。
higanbana2.jpg
彼岸花です。上の画像が1週間前で下の画像が昨日開花した画像です。土手とか畦道や道路脇に咲き真っ赤な色がとても人目につきますよね。冷夏の年でも猛暑の年でも必ずお彼岸には咲くようです。根茎(球根)に毒があり昔からあまり好まれる花ではなかったようです。また墓地の周りに咲いている光景をよくみますが、モグラが墓石を土の中から倒してしまうことに困った昔の人が根茎に毒のある彼岸花を植えてモグラを近づけないようにしたという事らしいです。

jihaikiure3.jpg
トキワ地這いキュウリです。最近の青々とした接ぎ木キュウリのような綺麗な形は望めませんが、イボイボが着き白い粉を吹いたような昔のキュウリです。ぬかずけにするとおいしさが引き立ちます。直売所の人気商品です。私も夏初めに作っていましたが、木が終わってしまいました。しかし今年はジイチャンがガンバって作ってくれています。毎日20本~30本ですが、採れてます。

silasagi3.jpg
草刈りをしている畑にシラサギがやってきました。軽トラで休憩しているとすぐ近くまで近寄ってくれたので、カメラを構えてみると、草刈り機の音は気にならなくても、物音を立てないようにしていると案外小さい音には反応してしまうようです。なかなかうまく撮れないのでカメラの設定をいじくっていると、こちらに気がないと思ってくれたのか?どんどん近寄って来てくれました。

inekali1.jpg
本家の稲刈りです。今年もこだわり天日干しの稲刈りです。実は前日降雨の中一日稲刈りをしていました。それまでは、カラカラの天気だったのですが、昨日は一転しての雨降りでしたが、田圃がカラカラだったので、雨水を吸い込むのに時間が掛かったようで、以外とガンバって作業出来ましたが、今日は稲刈り日よりの晴天ですが、足元がさすがにぐちゃぐちゃですが今年はバインダー2台体制です。

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。